自動車エンジニア(技術者)は人材不足?

メカトロニクス・エンジニアが求められています

自動車エンジニア(技術者)は人材不足と言われています。

特に電気自動車、システム開発のメカトロニクス・エンジニアが不足していますね。

やはり専門職ということで、スキルを備えた人間が少ないのかもしれませんが、電池制御やアルゴリズムの知識があるエンジニアが強く求められています。

そのため、高いスキルを持つ自動車エンジニアがヘッドハンティングされることもあるでしょうし、自動車メーカーとしても人材確保が命題ではないでしょうか。

ただし業界全体として、中途採用枠は芳しい状況ではないようです。と言うのも、製造コストカットが限界に迫っていて、人件費を見直すことで何とかコストダウンを実現させているため、中途採用求人は以前よりも少なくなっているのです。

それでも自動車エンジニア、メカトロニクス・エンジニアとしてスキルが高ければ、転職も容易かなと思われます。

経験者優遇はどの業界でも変わりませんが、自動車業界が未経験でも、他の業界でエンジニアとして実績が高ければ採用される可能性もありますね。

自動車エンジニア業界は特に即戦力を求めている傾向にありますので、まずは準社員、契約社員、派遣社員といった雇用形態も選択肢に入れながら求人探しを行うと良いのではないでしょうか?

その後に経験が重なれば、正社員へとステップアップしたり、自動車エンジニアの正社員求人・募集を探しても良いですね。

自動車エンジニアの仕事探しのコツ

繰り返しになりますが自動車エンジニアは深刻な人材不足と言われていますから、スキルとキャリアがある方は転職に成功する確率が高いと思います。

未経験の場合も、他にエンジニアとしての実績があればチャレンジされてみて下さい。

尚、その場合は人材紹介会社・転職求人サイトの利用が便利です。そのような人材紹介サービスには、コンサルティング型もあれば、自分で求人探しを行うタイプもありますが、両方を併用しながら仕事探しを行うと良いでしょう。

コンサルティング型とは、登録後にコンサルタントにサポートしてもらえるタイプのサービスですね。当サイトから利用者の多いメイテックネクストやリクルートエージェントが代表です。

⇒ メイテックネクスト 公式サイトはこちら

自分で求人を探すタイプはリクナビNEXTのように、まずキャリア、スキル、資格などを登録して、その後に自分で求人探しを行うタイプのサービスです。

コンサルティング型の方がサポート力に秀でているかもしれませんが、求人を探すタイプは自分のリズムで仕事探しが可能ですから、ぜひ双方を併用しながら自動車エンジニアの求人募集を探してみて下さいね。

登録者限定で紹介を受けられる非公開求人も含めて、好条件・高給与の自動車エンジニア求人が見つかる可能性もありますよ。

オススメ転職サイトはこちら