自動車業界の中途採用に関して

自動車エンジニアは人手不足です

自動車部品業界の中途採用は、あまり良い調子とは言えません。

最近の日本の自動車メーカーは、世界との厳しい価格競争を戦っており、自動車部品業界にそのしわよせが来ています。

最近は自動車部品業界の製造コストカットも限界に来ており、人件費の絞込みでなんとかコストを下げようとしている現状です。
なので、自動車部品業界の中途採用は昔より減っているのが現状と言えます。

しかし、自動車部品業界のエンジニアに関しては、慢性的に不足傾向にあるとされています。

エンジニアは昔から人材不足であり、現在も自動車部品業界のエンジニア不足は解消されていません。

自動車エンジニア志望の場合には、自動車部品業界に入りやすいと言えるでしょう

また、自動車部品業界は、最近海外に出て行くことが多くなっています。

その理由として、日本が少子高齢化しており、人件費が高くなっているという現状があります。

中国や東南アジア、アメリカなどに工場を移す自動車部品開発会社が増えており、そこで監督や指導ができる人材が非常に不足しています。

どうしても外国語、特に英語を喋れて、技術の知識もあるという人は少なく、中途採用でも外国語が喋れるというだけでかなり有利に採用されています。

それと、最近は自動車部品業界も少し息を吹き返しており、中途採用を増やしている会社も出てきています。

もし自動車部品業界に転職しようと考えている場合には、今が良いチャンスだと言えるでしょう。

オススメ転職サイトはこちら