他業界から自動車エンジニアを目指すあなたへ

異業種からの転職を歓迎している企業もありますね

自動車エンジニア業界は、今他業界からの転職を大歓迎しています。

その理由としては、最近ハイブリッド車や電気自動車、燃料電池自動車などの次世代自動車の開発が自動車エンジニアに求められているためです。

今までの自動車エンジニアでは、ハイブリッド車や電気自動車の電気や電子関連の知識はないことが多く、半導体や電池関連の知識もあまりないことが多いです

他業界には、これらの知識を豊富に持っている人材が多くおり、そういった人材を自動車エンジニアとして採用したいという企業は非常に多いです。

さらに、人材がいない以上、一から育てようという企業も多くなっています。

未経験で知識もなくても学習意欲がある人なら他業界からでも歓迎という企業も出てきており、自動車エンジニアの募集は柔軟性のある状態となっています。

他業界で営業をやっていた人が、技術系の職に就きたいということで自動車エンジニアに転職していくケースもあり、まったく違う分野の仕事をしていた人でも意欲があればなることができます。

自動車メーカーに転職した人の8割が異業界出身というデータもあり、他業界からの転職がむしろ主流になりつつあるとも言えます。

また、現在の車ではカーナビやミュージックプレーヤーなど、車載用の電気製品増えていることから、ソフトウェアの開発設計者の経験者が強く求められています。

ドアなども電気で自動になっている自動車が多く、そういった部分の制御ができる人材は、他業界でも大歓迎というメーカーが多いと言えるでしょう。

オススメ転職サイトはこちら